丸手の作成手順

■材料
●丸手となる生地(丸手の長さ36cmの場合)
幅7.5cm×長さ40cmの生地・・・2本
●丸手芯
直径0.9cm×長さ40cm・・・2本
●両面テープ(0.8〜1cm幅)
■道具
●丸手芯通し
作成方法は丸手芯通しの作成方法を参考にしてください。

ここでは、両端をへり返しをした場合の説明になります。

1丸手芯を生地に包んで(左図参照)、丸手芯の円周よ0.7cm持ち出した長さが持ち手の生地の幅になります。
●布地、合皮、または革の両端をへり返す場合は、その2倍の長さが持ち手の生地の幅になります。
{(生地の円周の長さ+(0.7cm×2)}×2=生地の幅
2丸手生地の真ん中に両面テープ(0.8〜1cm幅)を貼って、両端を中心に向けて突き合わせしてください。
3中心を基点にして、二つ折りにしてください。
4端から0.7cmの箇所を縫ってください。

5丸手芯を丸手芯通しのフックにしっかり引っかけて、丸手生地に挿入してください。
丸手芯通しは丸手生地の出口から出して、少しづつ引っ張りながら挿入してください。
6丸手芯はそのままでは厚すぎて、表地と裏地に挟んでは縫えないので、厚みの調整をしてください。
厚みの調整が終わったら、また丸手芯生地の中に芯を戻してください。
7出来上がりです。

※丸手の作り方の説明書はレンタルボックスで購入できます。

home