バッグ作り基本の3つの型

ツマミマチ・バケツ型・通しマチ、この3つがバッグ作りの基本の型となります。
基本がわかれば、後は好きなように応用して自分だけのオリジナルデザインも作れるようになれます。

◆ツマミマチは胴から底まで繋がった1枚の型紙で、底のマチの長さ分をツマむ作成方法です。
バッグ作りで一番活用する形で、縫い方も簡単なので初心者向けです。

◆バケツ型は胴と底が分かれた型紙で、上記の写真のマルシェバッグの形でお馴染みです。

◆通しマチは横マチと底マチが1枚になって、胴と縫い合わせて行く作成方法です。上記の写真のようなボストンバッグが代表的な形です。

home